キッチン夫婦

東北の美味しいものを発信したいという思いと、家族の絆を深める過程を記録したいという思いを綴っています。
TOPスポンサー広告 ≫ 宮城県大雨特別警報の日に新聞配達を終えた息子の朝食TOP朝ご飯 ≫ 宮城県大雨特別警報の日に新聞配達を終えた息子の朝食

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

宮城県大雨特別警報の日に新聞配達を終えた息子の朝食

おはようございます





全国的に台風の猛威が起きてますが、
私も昨日は2時に緊急エリアメールの川の氾濫情報でスマホで起こされ



妻は実家の松島にいましたが、近くに氾濫しやすい吉田川があり、妻も心配



3時過ぎに再度氾濫情報、寝てられません



私が住んでいる仙台の場所は被害はありませんが、息子は新聞配達のバイトをしています



私 「お父さんが車を運転するから、手伝ってあげるよ、今が1番雨がキツイよ」


息子  「大丈夫だよ、車では行けない場所もあるし、大丈夫行くよ!」



息子は大雨の中出かけました
私も新聞配達の経験もあり、台風の時の配達は1番辛い
でも息子の配達エリアが、川の氾濫場所ではないこともあり、心配ですが見送りました



午前4時にテレビでは


「夜で真っ暗の時は危険ですので、避難する時は十分気を付けて下さい・・・・・・」



ん~  やはり、心配
また妻の実家の近くの吉田川は一部氾濫して、妻は大丈夫だろうか  ん~ ん~






今日の朝食




・白菜と豚肉のタジン鍋のはさみ蒸し



・味くらの漬け物






7911i.jpg

久しぶりに息子と2人だけの朝食でした






ほっとしました!



3時30分に出かけた息子、雨は多少小降りになりましたが、
普段は5時20分には戻るのに6時になっても戻らず、かなり心配





外は真っ暗、雨の音だけが響く





7911a.jpg










何度も何度も外を眺め、息子の帰りを待つ、生きた心地せず、でも、やっと6時30分に無事に帰宅


息子  
「いや~ 本当に大変だった!いつも1時間のところが2時間かかった
新聞はビニールに包んだけど雨が強すぎて、17部台無しで、取りに戻ったし、
水溜りがすごくて転んだし、あと1部新聞が足りなくなって、再度戻ったし、疲れた~」



私   「・・・・・・・・本当に無事でよかった」



「バイトの先輩達は誰も休まず、早めに来てたよ!でもさ、学校から気をつけて登校して下さいとメールがきた
ここからまた自転車は辛いな」




「休校じゃないの?嘘~」



15分後、学校から休校の変更メール




これで心配せずにすむ、ひとまず安心








白菜と豚肉のタジン鍋のはさみ蒸し




息子がバイトに行ってから心配で料理は作れませんでしたが、妻が用意をしてくれた材料



短時間で美味しく、温かい物が作れるタジン鍋は助かる

ましてやこの料理は作りなれてるので尚さら







7911g.jpg





ご飯は息子のおにぎりを作るので土鍋ご飯





7911b.jpg






味くらの漬け物




息子の大好きな鎌倉味くら、漬け物専門店、早採りごぼうと薬膳にんにく






7911e.jpg








息子のお昼




息子がバイトから戻るまで心配で、集中して料理は作れませんでしたが、高校がどうなるかわからないし、
仮に休校でも外に買い物に行くのも大変なので、今日のお昼は学食で食べる予定でしたが、
おにぎりを作ろうと思い





鰹節と胡麻のおにぎり





材料



土鍋ご飯、鰹節、白ごま、塩、しょうゆ、ごま油





7911c.jpg





土鍋で作るおにぎりは美味しい、2~3回しか握らないので、割ったおにぎりの中はホカホカ





7911d.jpg





この段階では高校が休校かわからず、お弁当に詰めました





7911j.jpg







べにゆう家の10日、11日の出来事



10日
17時 妻がいったん会社から戻り、食事を我が家に届け、実家が心配なので戻る
16時30分 息子が高校が早帰りで帰宅

11日
午前2時 七北川が氾濫危険水位に達しスマホより緊急速報
3時 再度緊急避難勧告
3時20分 息子新聞配達に出発
3時30分 宮城県に大雨特別警報発令
4時30分 吉田川氾濫情報(この川は妻の実家の近くの川)
6時30分 息子帰宅

高速道路は通行止め、仕事を休まざるをえなくなる


7時 メールで妻の無事を確認
9時 妻の実家地域に吉田川氾濫危険水位を超えたこと、漏水箇所が発生による緊急避難指示発令
9時過ぎ 妻の会社に来た人が「まだ避難しないんですか?川があと1mくらいであふれますよ」と注意
10時 義母、妻、ひゅうが、ちーちゃんは近くの小学校へ避難(義父とクリちゃんは避難せず)
15時 松島避難指示解除
17時30分 妻帰宅






阪神大震災、東日本大震災、今回の台風などを経験し、
大事なのは避難することです



息子をバイトに行かせ、言えた義理ではありませんが、本当に妻も息子も無事で良かった






妻から皆様へ




「みなさんご心配をいただきまして、本当にどうもありがとうございました。」
誰かが自分を思って下さっているということは心強いなぁとも感じました。

水害になることはないだろうと思いましたが、夜中に特に雨が強くなるとの予報。
実家ではペットが3匹、両親は車の運転ができません。もし、避難が必要となっても自力避難は難しいところ。
心配なので実家へ行きました。


実家の近くの川は30年ほど前に、大雨で氾濫したことごあります。
その当時は、PC、スマホ、携帯電話もなく、当然緊急エリアメールなどもこない。
私が子供だったこともあり、記憶としては、雨がいっぱい降ってるなぁと外を眺めていたら、サイレンが鳴り、
川が決壊したとのこと。
家には浸水しませんでしたが、道路も用水路も見えなくなり周りの田んぼは沼のようになりました。
それよりもっと川の反対側の地域の方がひどく、2階の屋根が見えるだけでした。

今回、私の実家の地域では被害はありませんでしたが、避難はして良かったと思っています。





7911h.jpg




いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。
お手数ですが、↓ 応援していただけると嬉しいです!


にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ     
関連記事

Comment

No title
編集
皆さまご無事で、安心しました!

息子さん頑張りましたね。男らしく責任感があって頼もしく思えます。
大雨のなかの新聞配達、冷えた身体に蒸し鍋&土鍋のあたたかいごはんは心からホッとされたんじゃないでしょうか。
待っている旦那様も気が気じゃなかったですよね・・・

べにゆうさんがご実家の皆さんを心配されて帰られたこと、
そこから一緒に避難されたこと、私も正しかったと思います。

自然は大きく、美しく、私たちはその恩恵を受けて生きていますが・・・時に脅威でもありますから。
2015年09月12日(Sat) 09:46
こんにちはぁ☆
編集
べにゆうさん、旦那さま、こんにちはぁ^^

本当に大変な状況だったこと、ただただ心配するしかない
私でしたが、みなさんがご無事で本当に良かったです。
ひゅうがちゃんも一緒に避難出来て良かった。

夜中に大雨が降ると本当に心配です…
ご実家で一緒に不安な夜を迎えていたべにゆうさん、
そして吉田川の水位が本当に心配で、旦那さまのその
お気持ち凄く判ります。。。大雨の中、バイトに頑張って
行った息子くん、顔を見るまで居てもたってもいられない
です。本当にみなさん、ご無事で安心しました。
2015年09月12日(Sat) 16:45
No title
編集
そうなんですよ(゜Д゜)
震災で反省したのに
また時がたつとコレくらい平気か…?
…となかなか避難をしなくなります(´-ω-`)
恥ずかしがらず、面倒くさがらず
すぐ避難(゜Д゜)!!

反省です(つд`)

とにかく無事で良かったヾ(o´∀`o)ノ

2015年09月12日(Sat) 17:44
No title
編集
ご家族皆様が、無事で何よりでした。
甚大な被害をニュースや新聞、報道で見ると心が痛みます。

こうしてブログを通して毎日お話させて頂いて、無事でほっとしました。

息子ちゃんも豪雨の中、頑張ったね。
怪我も事故もなかって、よかったぁ。ほっ。
2015年09月12日(Sat) 20:14
No title
編集
みなさん無事で良かったです。
息子さん 新聞配達という大切なお仕事 無事にこなされて頭が下がります。
ご主人さんの心配がどれほどだったかと思うと胸が締め付けられます。
そして何事もなくホントに良かった。
とにかく早め早めの非難が大事ですね。




2015年09月12日(Sat) 22:02
まにさんへ
編集
まにさん、どうもありがとう。
ご心配と優しい励まし、嬉しかったです。

息子、バイト、ずいぶん頑張ってるなぁと思います。
ちゃんと責任感を持ってやっていることに感心しています。
大雨の中、ただ歩くだけでもしんどいのに、よく頑張ったものです。
でも、夫はすんごく心配だったでしょう。
夫は、ご飯作りに慣れてるとはいえ、あったかいご飯を作ってあげて待ってることも、
考えてみれば、エライものだなぁと思うのでした。

私達の方では何事もなく、無事に帰ってこれました。
必ず避難すべきだとだとは思いませんし、
その時どきの判断があるかと思いますが、今後にも生かせる経験だったとも思います。
『避難指示を聞いても避難しない人の方が多い』ということを防災の専門家の人が言ってました。
いろいろと難しいこともあるんですね。考え直すことも多い今回の出来事でした。
2015年09月12日(Sat) 22:31
sakuraさんへ
編集
sakuraさん、こんばんは☆

ご心配すみません、どうもありがとう!
おうちが浸水しなければ、ひゅうがやチーちゃんにとっては、
おうちにいる方がストレスないのかな、とも思ったりしましたが、
一緒にいることの安心の方をとり、一緒に連れて行きました。

判断って難しいものですね。
いざという時の判断。。。
備えれることは備え、シミュレーションも必要かと思いました。

夜中は怖いですねぇ。
見えないから、それこそ判断ができないから、情報頼りになります。
不安ばかりでしたが、
実家にいれたこと良かったです。
息子は、大雨の中、よく新聞配達をしっかりとやり遂げたものだと感心しました。
夫は、いっぱい心配したことでしょう。

この経験を今後に生かしたいです。



2015年09月12日(Sat) 22:40
あんちょびさんへ
編集
あんちょびさん、どうもありがとう!

そうだね、震災があって反省したのに、
数年でもう忘れてきてる、
大丈夫でしょ、ていう思い
どこへどう避難するかが難しいこともあるけど、
避難せよ、と出たら、避難する方の行動をとったほうがいいんだろうな

この経験は自分の財産です^^
2015年09月12日(Sat) 22:47
みなづきさんへ
編集
みなづきさん、どうもありがとうございます。
被害のニュースには心が痛みますね。。。
信じられないような自然災害を立て続けに目にするようになりましたね。

おかげさまで私たちは、みんな無事でした。
息子はず大雨の中ずいぶん大変だったと思うのですが、がんばりやだなぁ!っと。
待ってなきゃない夫は胃が痛かったのではないかと察します。
2015年09月12日(Sat) 22:56
こきちさんへ
編集
こきちさん、ありがとうございました。

そうですね、息子には感心しています。
あんな大雨の中の新聞配達、よく頑張ったものだ。
主人は待ってなきゃなくって、胃も痛くなりそうだったんじゃないかな。
身を案じて心配している状態っていうのは、こたえますよね。

無事なのも結果としてだから、
どこでどうなるかわからないし、今までが大丈夫だから今回も大丈夫、とはいえないし、
避難できる時間と態勢なら避難するほうがいいのだと思います。
2015年09月12日(Sat) 23:03
No title
編集
こんばんは。
バイトにいかれた息子さんすごいですね!
待っている旦那さまも、本当に生きた心地がしないくらいだったでしょうね。
朝ご飯にお弁当、頑張った息子さんに何よりですね。

べにゆうさんもご無事でよかったです。
避難すると、どっと疲れがきそうですが・・・。
早め早めが大事ですね!
今回、改めて自然災害は怖いなぁと思いました。

わが家でも、避難先、家族が離れ離れになったときの集合場所など、改めて確認しておかないといけないなと思いました。
夫は夜勤も多いですし、夜中だと1人で子ども2人連れて考えないといけないので、普段からの意識は必要ですね。
2015年09月13日(Sun) 00:47
No title
編集
べにゆうさん こんにちは シフォンです♪

何より家族全員 ご無事でよかった…。
こんな時でも それぞれが自分以外のことを心配し
思いやっている気持ちがべにゆうさん一家らしいなあって思いました。

テレビでみる映像は あの震災以来の衝撃でした。
4年半前のあの日…
たまたまお姉ちゃん&ゆうちゃんはダブルインフルエンザで欠席していました。妹ちゃんもまだ1歳。みんなでおうちにいたのです。
だから よかったのです。
もしも みんな出ていたら まず誰を先に迎えに行ったらいいのか…。
やっぱり 家族で避難場所を決めておかなければならないなあって改めて思いました。


2015年09月13日(Sun) 06:03
No title
編集
べにゆうさん、おはようございます♪

ご実家もべにゆうさんのところも無事でよかったです。
川の氾濫ニュースで見ましたが本当に恐ろしいですね。
いろんなものが流されて・・・
避難するタイミングも難しいようですが
早めの自主避難が何よりですよね。

息子さん大雨の中新聞配達ご苦労様です。
こちらも無事でよかったです。
2015年09月13日(Sun) 07:09
なっちゃんさんへ
編集
なっちゃんさん、ご心配ありがとうございました。

息子、仕事だから行かざるをえないけど、泣き言言わず、よく頑張ってるなぁと思います。
お父さんがあったかい食事を作って待っててくれて、お互いに安心しただろうなと思います。
過去に前例のない自然災害が起こっているので、
昼だったし、「避難せよ」と言われたら避難しないといけないな、と思いました。
人間の想像を来れるのが自然の脅威だから、今後生きていく中でも色々と考えました。

避難先、いざという時にどう行動するかの確認等、したほうがいいと思ってます。
夜に、万が一の時、という意識があれば、行動もしやすくなるのかと思いますね。
2015年09月13日(Sun) 12:04
シフォンさんへ
編集
シフォンさん、ご心配ありがとうございました。

家族は守らないと、とお互いに一生懸命になりますね。

そうですね、衝撃を受ける映像でした。
凍りつく思いがしました

あの日、シフォンさんのおうちでは、
たまたまお姉ちゃんもゆうちゃんもお休みしてたのですね。
災害の時、家族に会えないと心配で心配でなりませんから、
おうちにいて、家族の安全を確保できたというのは大きいですね。
誰か一人でも、どこに行ってるか連絡とれなかったり、
出かけたりしていると、顔を見るまでは安心できないですものね。
いざという時の安否確認の手段とか避難場所とか決めていたほうがいいと思います。
2015年09月13日(Sun) 12:09
こるまさんへ
編集
こるまさん、ご心配いただいてありがとうございました。

川がいったん氾濫すると、恐ろしいことになります。
なので、避難できるなら避難したほうがいいのかと思います。
タイミングは難しいけど、早めにですね。自分の命を守る行動なんだと思います。

息子も本当に、新聞配達よく頑張ったもんです。
大変だったけど、無事でよかったです。
2015年09月13日(Sun) 22:54












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。