キッチン夫婦

東北の美味しいものを発信したいという思いと、家族の絆を深める過程を記録したいという思いを綴っています。
TOPスポンサー広告 ≫ 3.11の朝食TOP東北の食材と料理 ≫ 3.11の朝食

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

3.11の朝食

おはようございます



3月11日、今日で東日本大震災が起きて4年です

昨日のブログの続き

地震が起きて被害が少なかった地区では生活が始まります
1番困ったのがガソリン、灯油
この時期の東北は寒いし、車中心の生活なので、これらがないのは死活問題
ガソリンスタンドの貯蔵の問題もありますが、汲み上げる機械が地震で壊れ、売れないスタンドもたくさんありました

食べ物で言えば、電気が復旧しなかったので生ものから食べました
開くか開かないかわからないスーパーに寒い中大行列、でも並んでいる人と知り合いのように話した気がします
同じ被害を受けた仲間という意識はあったのかも


私の仕事もストツプ、どうしようと思いましたが、何かはしよう、仕事ができないなら、何かをしよう

まず、食料品に困っていたので、つてを頼って岩手で米を購入して低価で配りました

食料品の店も徐々に開くようになりましたが、どの店も大行列、結果的には家にある食料で足りたかもしれませんが、当時は先が見えかったので、どの店も行列

その中でもパン屋さんが大行列、なんで?その時は理解できず

米を配っている時に

「ゴメンね、米は欲しいけど水がなくて炊けないの」

大変な被害にあっているのに、ゴメンと言わないで

その時にわかりました、パン屋さんが行列になった理由が、パンは凄い、水がなくても食べれるので、大行列だったのです

なら、パンを手に入れよう、仙台では購入できません
藁もすがる気持ちで山形の卸のパン屋さんのライオンパン屋さん、この会社は無添加で病院などに卸している有名なパン屋さん、素人の私に快く売ってくれました

そのパンを復興市で販売し

「美味しい、美味しい」をたくさんの方に言って頂けました




今日の朝食


・土鍋ご飯


・仙台麩としいたけのスープ


・高政のかまぼこ




DSC01059.jpg




土鍋ご飯


震災直後、電気がない中で食べた土鍋ご飯は美味しかった



DSC01047.jpg



DSC01052.jpg



DSC01063.jpg



妻の感想



「津波がなかったうちの方でも1週間電気がこなかったから、電気を使わず土鍋で炊いたご飯。
その美味しさはずっと忘れないだろうなぁ。」




仙台麩としいたけのスープ



DSC01045.jpg





高政のかまぼこ


今週の日曜18時の真相報道バンキシャ!でも紹介された宮城県女川(おながわ)町、甚大な被害があったにもかかわらず、
県内でも復興がすすんでいる街、この街の復興のシンボルがかまぼこの高政さんです





DSC01043.jpg


これを焼いて頂きました



DSC01048.jpg



妻の感想


「宮城には北から南の沿岸部にはたくさんの笹かまメーカーがあるけど、たいていは海の近くにあるから、
ずいぶん被害受けたよね。」

「地元の人もいっぱい働いてたし、笹かまメーカーさんが再建することは地域の人たちの生活再建にもつながるね。」



宮城県南部、亘理、山元町



以前にも紹介した街、ここはいちごが復興のシンボル



DSC07507.jpg




東日本大震災で亡くなられた方々に心よりご冥福をお祈り致します

また、全ての方に今日よりは明日、明日よりは明後日によき事がおきますように

  いつもありがとうございます。
応援ぽちぽちっとといただけたら、またガンバレます☆
にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

九州野菜王国
HOKO食のスマイルショップ 奇跡の蜂蜜マヌカハニー
九州・熊本産のお野菜が美味しい 春を楽しむパン&ワイン&チーズ withアンデルセン
日本を応援するお買い物サイト「日本きらり」 
関連記事

Comment

No title
編集
避難所へのお水の寄付、お皿や箸の調達、透析患者さんへのお手伝い、お米から機転をきかせてのパンの販売・・・
経験と行動力を生かして、力を尽くされた旦那様、そしてサポートされていたべにゆうさんと息子さんを尊敬します。

4年前。大阪にいたうちでも少し揺れがあって、TVをつけたら・・・もう目が離せない状況になっていました。
そこから連日報道される惨状に、生後4ヶ月のまに子を抱えて震えることしか出来なくって。
知り合いの方が救援物資を載せて行ったものの、
一般車両は通行止めの場所が多くて立ち往生になったという話も聞いたりして・・・
何が出来るだろう?と気持ちは先走るばかりで。
献血に行くも断られて、募金も微々たる額しか出来ないまま、今に至ってしまった感じです・・・

今年も14時46分の黙祷は参加します。
あと、わずかですが募金も続けます!

そして先にはなりそうですが、いつか東北に直接訪れたいなぁと。
最後のはただのグルメ旅行目的ですが。笑

東北、そして日本の未来が明るいものでありますように☆
2015年03月11日(Wed) 12:44
まにさんへ
編集
まにさん♪

長い文章読んでいただいて、ありがとうございます。
今日の3.11だけはこの思いを強め、忘れないで生きたいのです。

大阪の方、たくさんの県内外の方々に大きな支援と温かい心を頂きました。
たくさんの方々が行動してくださり、感謝にたえません。
そうですね、通行止めもいろんな箇所であったと思います。

そんな私は被災地にいながら、近くにいながら、何もできていない気がします。

いつか、被災地に足を向けていただけてら、復興の励みになると思います。
今朝、被災者の方「忘れてほしくない」とう思いを述べていました。
グルメ旅行でもなんでもいいです^^というか食べ物目的が一番いい気がします!! 

今日は鎮魂を祈ります。
これから日本のどこでもこのような災害が起こりませんように、被害が出ませんように。
2015年03月11日(Wed) 14:39
うん
編集
文章読んでて、あの頃思い出しました。
自分は比較的被害の少ない地域で避難生活はおくってなかったのですが。そうそう、そうだったなーとしんみり。

電気のないなかでの土鍋ごはんではないですが、地震後しばらく温かい食べ物が食べれず。久々に食べたほかほかご飯は本当のご馳走だったなぁと思い出しました(*^^*)
2015年03月11日(Wed) 16:09
こんにちわ
編集
素晴らしい行動力ですね。
被災されたみんなのために動けない方たちのためにこんなにも大きな思い(愛)で行動されるなんてとてもとても素晴らしいです。
感動しました。

3月11日 この日のことを忘れずに2度とこのような被害が出ない事を祈りたいですね。


2015年03月11日(Wed) 16:21
keitaさんへ
編集
keitaさん

そうですね、しんみりですね。
ほかほかのご飯だけでもご馳走でしたね。
いろんなことの大切さもしみじみと知りました^^
2015年03月11日(Wed) 17:28
こきちさんへ
編集
こきちさん

そうですね、夫はずいぶん行動してました。
長い文章読んでいただいて、ありがとうございました。

そうですね、避けられない自然災害もあるけど、
その中でも大きな被害にならないこと、自然との共存がうまくできること願います。
2015年03月11日(Wed) 17:31
No title
編集
震災から4年目の今日、ニュースを目にした光景は忘れられない記憶。
地震の揺れの体感は、嫌な記憶を呼び起こしますよね。
昨日とこの記事を拝見させて頂いて、何もできないではなく一人一人が何をするかという事ではないかと改めて感じました。
こうして発信されていること、ありがとうございます。

2015年03月11日(Wed) 21:23
みなづきさんへ
編集
みなづきさん、
そうですね、思い出しますね。
みなづきさんにそう感じていただけたこと、私達は嬉しく感じています。
特に夫が書いてくれたので、自分の言わんとしていることをくみとってもらえたと
感じて喜んでいました。長い文章、読んで頂いてありがとうございました。
2015年03月11日(Wed) 22:59
No title
編集
ご自身も大変な状況だったのに、旦那様の行動力、脱帽です。
物資の配給などでも、暴動などが起きなかったのは、
大変な時でも助け合うという日本人の心が根っこにあるんだろうなぁと感じました。

四国は遠いのですが、地元の小学校では、避難してくる児童をホームスティで受け入れることができるかどうかの全校アンケートや、
息子が当時通っていた保育所では、福島の保育所におもちゃをおくったり、
また外遊びができず、秋の季節ものの制作ができないと連絡があり。
みんなで集めたどんぐりや、まつぼっくり、葉っぱなどを送りました。

そのお礼に子どもたちが書いてくれた手紙と、歌が入ったCDを送ってくれて、参観日で保護者にもみせてくれました。
できることってあるんだなと思いました。

土鍋が炊いたご飯が、今日はまた一段と光ってみえました!!!
東北、絶対にいつかいきたいです。
2015年03月11日(Wed) 23:19
なっちゃんさんへ
編集
なっちゃんさん♪

震災の時は本当に遠くたくさんの方がたから支援していただいていたことに
宮城県民とても感謝しています。
なっちゃんさんがしてくれたこと、直接会ったことがなくても
あたたかい思いが伝わって、自分達を励ましてくれた人たちがいたことを忘れないでしょう。
自分達を思って行動してくれる誰かがいるんだ、と知るだけでも気持ちが強くなる気がします。

ありがとうございます^^嬉しい言葉です。
2015年03月12日(Thu) 23:11












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。