キッチン夫婦

東北の美味しいものを発信したいという思いと、家族の絆を深める過程を記録したいという思いを綴っています。
TOPスポンサー広告 ≫ 熊本の被災者の方々に思いをよせてTOP朝ご飯 ≫ 熊本の被災者の方々に思いをよせて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

熊本の被災者の方々に思いをよせて

熊本地震の被災者の方々に心よりお見舞いを申し上げます





私は宮城県沖大震災(1978年 Mj7.2)
阪神淡路大震災(1995年 Mj7.3)
岩手・宮城内陸地震(2008年 Mj7.2)
東日本大震災(2011年Mj9.0)を経験しました





今回の地震には胸が締め付けられる思いです




マグニチュードだけでは揺れの大きさや幅、その被害、恐怖の大きさを言い表すことはできませんが、
宮城の人はわりと大きな地震を何度も経験している人が多いです
経験の少ない熊本の方々がどれだけ怖い思いをしているだろうか心配です




東日本大震災からまだ5年しか経っていません




国も自治体もボランティアの方々も経験値があるので、きっと徐々にではありますが援助物資が届くはずです




仙台市は被災の経験で知った不足し優先されるべきと思われる物資を
震災の時にお世話になった熊本に昨日届けに向かいました





今、交通網が麻痺しています 




熊本市は人口70万、仙台は100万、同規模の町


災害時には大渋滞がおきます


災害車両を被害地にすばやく行かせるのが何より大事



しかも、ガソリンは手に入りにくくなるので、渋滞をなるべく起こさないようにすることも大切です





飲み水、衛生面でも大事な水



私は3.11の時、避難所に行って「何が必要ですか?」と聞いたら



「食料よりも食べた物を洗う水がないし、洗わなくていい箸、皿が必要」と言われました






ライフラインはプロパンガス、電気、都市ガスの順で普及しますが



都市ガスの復旧はかなり時間がかかります



それに比べてプロパンガスを使えるようになるのはかなり早い
私の実家はプロパンガスでしたので、お湯を沸かしピストンで避難所に運んで使ってもらったり、
お風呂も近所の方々に入ってもらいました






スーパーで買い物が出来るようになってからも、大行列になります


食べ物で1番行列が多かったのは袋パン


パンは水がなくてもゴミが出ず、食べれるから
しかしそのパンさえも、個数制限





透析が必要な方、水を運べないお年寄りの方もいるはず
どうか皆さん声かけをしましょう







電気・ガスが止まって
ぐちゃぐちゃの家の中 卓上コンロで炊いたご飯は美味しかった



今日は土鍋で塩おにぎりを作りました





80417b.jpg






80417a.jpg






被災地の方々は本当にお辛いと思います




私達家族に出来るのは、思いを寄せることと募金しかないのではと話し合いました




どうか、どうか少しでも辛さが和らぐようにと願うばかり




募金でも助けの一部になります





※今日はコメント欄お休みします




今日も読んでいただきありがとうございます

お手数ですが、応援いただけるとまた更新の励みになります



にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ
にほんブログ村
関連記事
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。